2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

リンク集

無料ブログはココログ

ウェブページ

トップページ | みろく司会者エッセイ~森井明与(2) 不思議な出逢い編 »

みろく司会者エッセイ~森井明与(1)

輝く女性のエッセイをお贈りします。
目標に向かって頑張っているひと、

輝きたいけれど今、子育て奮戦中のひと
くじけそうだけど涙をこらえているひと・・・
すべての女性にお贈りする魔法の言葉です★

司会者、モデルとして活躍中の森井明与さん

856a7427fc07a953ef3daf36dc6cc47b

司会者としての道を歩んで

2010
年 みろくと出会って6年目を迎えた私。
気がつけば、様々なハプニングもなんとか越えられるようになってきました。

6年前は、現場の度に、
『何事も起こりませんように…』と祈りながらマイクを持っていました。

当時、私にレッスンをしてくださっていた先輩MCの言葉がよみがえります。
3年後、ハプニングを楽しみに思う時がきっとくるわよ』
…楽しみ、とまでは思わないけれど、遭遇しても動揺はしない自分。
ようやくここまできたのかな。

私が司会者として第一回目のデビューをしたのは二十代前半。

学生時代に、気軽なアルバイト感覚でマイクを持ったことはあったものの、
本格的
に勉強したいと、新聞広告片手に名古屋のタレント事務所に電話を
したのが始まりでした。

当時の私はOL。
仕事を定時で終えて、JRで名古屋までレッスンに通う日々。

帰宅は11時を過ぎ、でも、本当に充実した時間だったことを今も覚えています。

名古屋の事務所でのレッスンは、常に20名ほどのクラス制。
今もテレビで活躍されているリポーターさんや司会者さんが講師でした。

デビューするには、クラスの中で試験があり、
各会場にオーディションを受けに行くというシステム。

運よくとんとん拍子で、名古屋駅の近くの会場に専属が決まり、
平日は会社員、週末は司会者と、本当に忙しい日々、そして2年がたちました。


会社では、社会人野球のチアリーダーもしていた私!
Akeyo3

野球部員だった夫と結婚。

Akeyo1

それを期に、名古屋の事務所を辞めました。
時々、友人の結婚式の司会を依頼されることはありましたが
マイクを持つ機会などなく

子育てに追われる日々でした。

そこへ、突然の転機が訪れたのです。
長男の幼稚園の先生がご結婚!
サプライズで、お花を届けにいきました。


バラの花が咲き誇る素敵なガーデンで行われていたブーケトス!
そこで出会ったのが、みろくの司会者!

とっても明るく、親しみのあるトークでした。

もう一度マイクを持ちたい!』

そんな想いが自分の中にあったのかどうか分からない。

でも、パーティーが終わった帰り道、
偶然にもまたその司会者さんに会えた時、
自分から声をかけに行ってしまっていました!

私の人生が大きくかわりはじめる瞬間でした

輝く女性のエッセイ
司会者 森井あけよ
『司会者としての道を歩んで(1)~出逢い編』でした。
次は、(2)出逢いの不思議編です★


(有)みろく オフィシャルHPはコチラ 

トップページ | みろく司会者エッセイ~森井明与(2) 不思議な出逢い編 »

森井あけよ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1438921/37838160

この記事へのトラックバック一覧です: みろく司会者エッセイ~森井明与(1):

トップページ | みろく司会者エッセイ~森井明与(2) 不思議な出逢い編 »