2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

リンク集

無料ブログはココログ

ウェブページ

« みろく司会者エッセイ~森井明与(2) 不思議な出逢い編 | トップページ | みろく司会者エッセイ ~大洞準予 運命の出逢い~ »

みろく司会者エッセイ~森井明与(3) 涙の修行を超えて

すべての女性にお贈りする勇気のエッセイ!
司会者・モデルとして一流の舞台で輝いている森井明与さんの

勇気のことば、元気になれる言葉たち…
2010akeyo

いま、頑張っているみなさん!
ちょっと、つまづいて心が迷子になってしまったひと…
輝きたいのに、我慢しているママたちに贈ります。


母として、妻として、ひとりの女性として
限界を何度も超えた修行の向こうに、見つけたものは-----
●いよいよ、涙の修行編です。

みろくでの修行が始まった。
司会者として、マイクを持つ以前に、マナーのレッスン。
それは、見かけの事ではなく、心のマナーも。

司会のノウハウは、
器用な人であれば、すぐに身につく。

でも、言葉に魂がなければ、みろくでは、司会者とはいわない。
これを、徹底的に仕込まれて、
ようやくマイクを持つ資格が与えられるのだ。


司会者という前に
人として、いかに自分が未熟で、無知で、
大したことのない人間かを知ることで、
ようやくレッスンがスタートする。

この気付きのレッスンが、
どんなに辛く、へこむものであるか…

でも、それこそが何より大切で、一番のヤマであるか。

師匠も、
それを見守るスタッフも、
みんなが辛い、この道のり。

学んだ時は違っても、
みんな同じような想いをしてきた同志であり、戦友。

それぞれが自分と戦ってきてつかんだマイクを、
自分なりの方法でスイッチを入れ、
言霊をのせて贈っている。今も…

初めてのレッスン日から今日まで、
数えればきりがないくらい、
泣いた! 泣いた!!泣いた…

事務所で、車の中で、家で、電話口で…

レッスンが夜中にまで及ぶこともあった。
家庭を気遣ってくれた師匠の、電話でのレッスンもあった。

でも、
唯一泣いていない場所がある。
それは現場!

ブライダルの現場で、感動して涙することは別として。

どんなに緊張する現場でも、
本番までに積み上げてきた道のを思えは、
たいていの事は乗り切れる。

最悪のことを想定したレッスン。
それは、まさに師匠が、私たちを完成させて現場に送り出すために、
渾身の想いで叱責し、出来るまで諦めず、
最後は心からの励ましとねぎらいの言葉で、
私たちを本番へと送りだしてくれる…
だからこその結果なのだと思う。

どんなに苦手なスタッフがそこにいようと、
ちょっと大変そうなクライアントが待ち受けていようと、
すべてを受け入れる器をもって、現場に入る。
時には、一歩踏み込んで、司会者としての立場ではなく

一緒に仕事をする仲間として、意見を言ったりもする。

私たちを必要としてくれるお客様を愛すること。

相手の立場に立って言葉を贈ること。

師匠がいう「森井あけよというブランド」を、
迷わず全面に押し出して、マイクを持つ

みろくの司会者となって6年。
立ち止まることなくここまできた。

これから何年、
マイクを持つことを許されるのかは分からないけれど、
私を必要としてくれるお客様がいらっしゃる限り、
この声を届けたいと願っています。

               2010年 実りのとき 森井あけよ

« みろく司会者エッセイ~森井明与(2) 不思議な出逢い編 | トップページ | みろく司会者エッセイ ~大洞準予 運命の出逢い~ »

森井あけよ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1438921/37862600

この記事へのトラックバック一覧です: みろく司会者エッセイ~森井明与(3) 涙の修行を超えて:

« みろく司会者エッセイ~森井明与(2) 不思議な出逢い編 | トップページ | みろく司会者エッセイ ~大洞準予 運命の出逢い~ »